世界遺産の登録基準

登録の流れ


■各国政府より
@世界遺産条約を締結する。
A国内の暫定リストを作成し、UNESCO世界遺産センターに提出する。
B暫定リストに記載された物件の中から条件が整ったものを、原則として1年につき各国1物件(世界遺産を一つも持たない国を除く)をUNESCO世界遺産センターに推薦する。

■UNESCO世界遺産センター
@各国政府からの推薦書を受理する。
A推薦された物件に関して、文化遺産についてICOMOS(国際記念物遺跡会議)、自然遺産についてはIUCN(国際自然保護連合)の専門機関に、現地調査の実施を依頼する。

■ICOMOSとIUCNによる調査がある @ICOMOSとIUCNの専門家が現地調査を実施し、当該地の価値や保護・保存状態、今後の保存・保存管理計画などについて評価報告書を作成する。
AUNESCO世界遺産センターに報告書を提出。

■世界遺産委員会
@ICOMOS、IUCNの報告に基づき、世界遺産リストへの登録の可否を決定する

■登録基準


日本の世界遺産TOPへ
©日本の世界遺産
お試しセット紹介