日本の世界遺産について

白川郷・五箇山の合掌造り集落(岐阜県、富山県)


登録年:1995年12月に文化遺産遺産登録。
■登録理由
白川郷の荻町、五箇山の相倉・菅沼の3集落からなる人類の歴史上重要な時代を例証する、ある形式の建造物、建築物群、技術の集積、または景観の顕著な例などの基準を満たしたため。
一帯は日本でも有数の豪雪地帯。
周辺地域との道路整備が遅れたことにより合掌造りに特色づけられる独特の文化が奇跡的に残ることにつながったといえますね。

■日本の世界遺産について


日本の世界遺産TOPへ
©日本の世界遺産
お試しセット紹介